自家処理したい!〜家畜排泄物プラント〜鶏糞十字軍
〜一次発酵&ミミズの援軍?〜日量1〜2トン処理

鶏糞処理の現状〜家畜排泄物法に対応!
1、鶏糞は1万羽で日量0.8トン〜1トンの排泄。
2、鶏糞の特徴は水分が多い、腐敗が早い:対策はテント。

処理の目安は?
1、日量2トン・2週間処理/台X30日=月間処理
2、プラントはエコプランター、テント
3、中和、消臭、発酵促進剤は、竹炭、竹酢液、米ぬか
4、水分調整剤は、おがこ
5、二次処理は、みみず


鶏糞処理の工程
1、鶏糞に竹炭、水分調整剤などをエコプランター(約2立方メートル)に投入
2、2〜3日で1次発酵
3、ミミズを投入
4、ミミズ肥料出来上がり

餌から始めよう!
1、餌に竹炭を、
2、飲料水に竹酢液を

参考:日量1トンX15日処理 概算見積もり、必要面積300坪

エコプランター木製 2,000X2,000X480H30台X148,0004,440,000
テント雨天使用 2,000Xmm2,00030台X20,000600,000
ミミズ 20kgX10,000200,000
微生物資材(消耗品)竹炭1号、竹炭11号100kgX2,000200,000
発酵促進剤(消耗品)竹炭を使用500kgX400200,000
水分調整材(消耗品)オガコを使用1,000LX100100,000
消臭剤(消耗品)臭い消しとして使用500LX400200,000
運搬設置場所一式260,000
小計  6,200,000
合計 6,000,000X1.056,510,000
別途工事 具体的な案件ごとにお見積もりをいたします。


お問合せは、 jujigun1@showakikaku.co.jp
昭和企画 Top Page